風や気圧傾度技能などについて実習をしました

大気などについて勉強しました。低緯度から高緯度への熱の交通は、主に大気、大気ミドルのスチーム、および海水によって行われています。次は、特有についてだ。木枯らしや春一番が冬のおとずれ、春のおとずれを教えるように旬の改革や毎日の天気の変化は特有によってもたらされます。特有は大気の作用そのものです。同はじめ水平面内に気圧の差があることが、風の原因です。気圧の差異によって掛かる、ロット質量の景色会合に動く力を気圧傾度技術といいます。気圧傾度技術は、気圧の傾きが大きいスポット、すなわち等圧線のペースが密なスポットほど大きいです。気圧傾度技術は等圧線に直角に、高圧脇から低圧側に向かって行ないます。そのため、景色は等圧線に直角に低圧側に向かって動くことになります。一般に、地上天気図形の風向は等圧線に直角になっていません。これは、地球が自転やるためです。このようなことを覚えましたが、知らないことがあったので相当勉強になりました。ハーバルラビット コスパ