熱帯低気圧と台風のことついて学業しました

低気圧などについて勉学しました。熱帯低気圧は、南北両半球の緯度約5°〜20°の貿易ぶり帯の海面水温の厳しい海域で発達した積乱雲の集団から発生する方法と考えられています。熱帯低気圧の発生する海面の水温は26.5℃以上で、こいつより乏しい海水温の海上では全然発生しません。貿易ぶり帯では特質のことなる2つの気団が当たることはないので、熱帯低気圧は寒冷前線や温暖前線をともないません。北太平洋の西部で発生した熱帯低気圧の一部分、最長風速17m/s以上になったものを、わが国では台風とよんでいらっしゃる。メキシコ湾やカリブ海の熱帯低気圧はハリケーン、アラビア海やベンガル湾のものはサイクロンとよばれていらっしゃる。台風の内方では、対流圏下層の感が反目覚ましまわりに回転しながら吹き出します。こういうup気流によってスチームが凝結し、巨大な積乱雲が発達します。こういうときに放出される潛熱が、台風のやる気パイオニアだ。知らないことを知れて良かったです。http://www.zometool.me/yoyaku.html